what's up? 今日のニューヨークに吹く風は何色?


by マグノリア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

良薬口に苦し

まるで地獄の味だ!

この一言につきる、私の処方箋。
今かかってる東洋医学の先生は、死ぬほど苦い漢方薬を処方して下さった。

この様にこの世のものとは思えない味は本当に利くのか?
こんな不味いものを飲む事自体体に悪いのでは?
と、疑いたくなってしまう。

その、煎じた薬は、色からして、匂いからして、地獄のようだ。

そして、”苦い!”の、一言だ。

そして、やっぱり、地獄の味だ!
と、思う。



16歳で仮免をとった息子が晴れて、運転免許を習得したのは19になってから。
一体、その3年間はなんだったんだ!?って、思てしまうが、
腰の重い、自分が納得しないと動かない。
それと、お尻に火がつかないと動かない。そんな息子だが。

やっぱ、良薬口に苦しを与えて良かったかと、思った。


良薬苦於口 而利於病 忠言逆於耳 而利於行


厳しくする事は容易くない
辛さを与えるのは容易くない
むしろ、辛くもあり、忍耐もいる。
それでも、与えなければ、子供は成長できないだろし、腐ってしまう。


自分自身が苦い薬を飲む事自体、
勇気も要る。


ああ、何だかややこしくなって来たが。
苦い薬は飲む度に、その深い味を知る事も、その効能を知る事も、出来るようになっていく。

だから、今日もちゃんと。
良薬口に苦し!

なのです。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-21 14:17 | NYジャーナル部

耳が痛い

ああ、、、

更新遅れてるなー。。。

それは、何となく記事も事件も無く、ただ、ちょっと
春眠にふけっているから。。。

だるいのだなー、
春先に体が弱いのは肝臓が弱っているらしい。

とはいっても、普通に生活は出来てる。
ただ、気温が暖かくなったり、寒くなったりで、ついていてないのかも。。。

そんな、季節なんだなー。

耳鳴りがするのは、
何か、耳が私に話しかけてるのかな?

山の音よりも、やや海の音が恋しくなってきたような気がする。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-18 14:27 | NYジャーナル部
何かにあやかっていたいナア〜。。と、ういのが本音だろうか?

セイント ヴァレンタインズ デー、この聖なる日があることに感謝すべきかもしれない。

愛だの恋だのとは、一応こっ恥ずかしいものである。
しかし、そう思うのは私だけか?

愛だの恋だのを人類は堂々と、いや、もっと素直に表現すべきでしょう?

やり過ぎや、押しつけは考えものとして。
受け止めか方、与え方の問題かもしれない。

愛に生きるという事は、どの世も複雑で苦しみが伴い、
恋に生きるという事も、それ以上に複雑きわまりなく、人類を悩ませ続けている。

ヴァレンタインズデー によって商業化し、茶化された愛だの恋だのの儀式もまた考えものではあるが、ここはひとまず、恥じらいや、臆病に手助けしてくれる、この日にあやかって、ありがたく、素直になってみるのもイイのでは?

え? やっぱり、こっ恥ずかしい?
やってられない?

でもね、
ちょっとしたささやかな気持ちが、
そっと、伝われば、
それは 人類に暖かな未来が有る♡
という事かもしれない。。。

優しい気持ちになりたくて、書いてみた詩。

c0194753_23361099.jpg




    「A little smile」

     ほほえみ
     それはまるで春風の様

     ほほえみ
     それはまるで包み込む様な

     ほほえみ
     それはほんの少しだけど

     ほほえみ

     それほど人を和ませるものはない
     そして優しく包むものはない

     あのひとが 微笑んだ
     まるで 春のそよ風の様に

     あの人が 微笑んだ
     その瞬間 柔らかな風が吹いて
     優しく私の髪を撫でた

     ほほえみ

     それは 曇っていた心を
     一瞬にして
     優しい桜色に変えた

     小さな ほほえみ
     Just a little smile

    大切な人を思い描いて
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-11 00:15 | ポエム部

このようなモノ

c0194753_0173545.jpg


飛行機の中から外を見るのは楽しいものです。

アラスカ上空とか、
マンハッタン上空
ロングアイランド上空
富士山、
九十九里浜
日本アルプス
大阪港


地図を見る様に本物の地球が見える。


そして、雲の上
雲の中


地球と空との境界線


この地球と空の境界線を見ていると
混沌とした、カタチのない静かでありながら
何かが生まれようとしている、
あるいは何かが消えようとしている


上手く言えないんだけど、

c0194753_0251898.jpg






そんな、時間と不思議な空間を感じます。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-07 00:30 | ポエム部

脱力ブルース


気持ちも体も疲れてるとき、空が低いのはちょっと落ち着く事もある。
だ〜るい感じの朝を迎えてふと窓の外を見ると雪が降り出している。
2時間もすると、銀世界になて居た。

c0194753_2312685.jpg



雪かきだ!
とたんに、元気が出て来るぜ。



c0194753_2321543.jpg

お〜、、、可愛く積もってるじゃないか。。。


c0194753_2334557.jpg

公園に行ってみる。
流石にダーレも居ない。
何処を見ても、墨絵の世界だ。。。


c0194753_2342355.jpg

ゴンゴン降ってる。
まつげにも雪がたまって来る。

帰って、饅頭でも喰うか。。。


c0194753_2345152.jpg

見上げると、可愛い。
なんか、ぶらさがっていました。
雪が積もって、可愛い^^


c0194753_23162831.jpg

脱力ブルースは何時の間にかボサノバに。。。
自分の足跡を確かめたりしてね。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-04 23:18 | NYジャーナル部

陶芸体験レッスン♪ sanpo

帰国すると、やたら日本的なものに執着するマグですが、
今回はとっても良い体験が出来ました。


c0194753_225263.jpg

と、いきなりコレなんじゃ? ですが、、、^^;
勿論失敗作です!




始めてのロクロ体験。私は、かなり緊張してて。。。
せっかくマアマアに形作った湯のみを、最後にロクロから糸で切り離す時、
何故か手元が狂い、飛〜んで行ってしまいます><”
そして、このように飛んで行ってしまった、可哀想な土の塊を横目に名残り惜しみながらレッスンを受けたのです。




c0194753_2251163.jpg

で、なんだかんだのロクロ第一作目です^^v




昨年突然始めた陶芸。と、いっても私の場合土遊び。みたいなモンで、実は基本的な事抜きで、作陶を始めました。


私は習うのが苦手な性分なので、取りあえず土を手で、ヒネヒネしながら何やら出来上がって行く形を楽しんでいる所です。


でも、最近になってやっぱ、ロクロにもちょっと、好奇心が有り、いつかは挑戦してみたい、と思っていました。
そして、今回たまたま帰国している間、友人が通っている教室に行くという事で便乗させて頂いたのです。




c0194753_22101632.jpg

大阪は南森町にある小さなビルの2階。町中ですが、さすが日曜とあって静かです。
大きく明るい窓から見えるお寺には古い立派な桜の木があり、春には見事な満開の花を咲かせるとの事。




c0194753_22113393.jpg

私の通うNYの教室もビルの谷間にありますが、こうやって、大阪の都会ではお寺もビルに挟まれている。




ご指道下さる先生はー、若くてドカン!とした美しい菩薩様の様な方でした^^v
菩薩様は、土と格闘する私を静かに見守っていて下さいます。
菩薩様が見守る中、気持ちを鎮めて形を造って行きます。





c0194753_23133591.jpg

と、イメージ通りの湯のみが出来ました^^v





とは言え、途中二度程飛んで行ってしまった土は、もう使えません;;’
しかし、土に愛着のある私は、思わずそれを見て菩薩様に、

「コレ勿体ないから手でコネコネして作っちゃっていいですか?」と聞くと。。。
「***今日はロクロのレッスンですからー」と、言われてしまうーー;

『そうであった! 私は今日、ロクロの練習をしているではにか。
 ほな☀ 集中しよう。めげてはいけない!』

と、思いつつも、、、何故か、菩薩様の視線を感じながらそんな事を口走ってしまった厚かましい自分が恥ずかしくなって、

『ああ、この場から逃げたい!』

などと、思いつつ。。。ぐるぐる回るロクロと戦っていたのです。
土の塊を一個もらい、ここから何個作っても良いと言われています。
小さいのだと、勿論沢山作れますが、それだけストレスもたまりそうなので、




c0194753_2216272.jpg

最後に一つ大きめのお皿、というか、鉢を作りました。




あの、ぐるぐる回る柔らかい土を伸ばして行く作業は、思ってたよりも緊張しましたが楽しくもあり、いびつながらも、何とか出来上がり。
後の細かい仕上げ作業や、窯入れは先生がやって下さるという事で、上にかける色を決めて、おさらばして来ました。




c0194753_22183523.jpg

次回帰国の時が楽しみです^^
短い滞在期間中の貴重な体験でした。







菩薩先生ありがとうございました!
そして、貴重な休みの日に私を誘ってくれた友人にも感謝です♡
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-03 23:34 | 作陶部

自転車に乗って

自転車に乗って 何時もより遠回り


c0194753_22463579.jpg



自転車に乗って 感じる その空気


c0194753_22482659.jpg



自転車に乗って 風を切る その香り


c0194753_22494780.jpg



自転車に乗って ぐるぐる回る道


c0194753_22501753.jpg



自転車に乗って のんびり ぼんやり


c0194753_22511144.jpg



自転車に乗って 走る細い道


c0194753_2252091.jpg







自転車に乗って 何時の間にかタイムトリップ!
[PR]
by magnolia0812 | 2009-02-02 22:58 | ぶらり旅探険部