what's up? 今日のニューヨークに吹く風は何色?


by マグノリア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オトバ

先日の帰り道、長い行列を作ってバスを待っていた。
私の前後に同年っぽい頃の女性が連なっていた。

せっかちなニューヨーカーにとって、バス待ちは退屈なものだ。

運良くスグに来れば、何となくラーッキーな気分で、すっきりするが、
10分近く待つ事になると、帰宅時なら、ぐっと疲れる。

そんな、退屈なバス待ちに、ちょっとした風が吹いたのだ。

二人のアジア系男子が楽しそうに話を弾ませながらゆっくり、はんなり、歩いてくる。
アジア系と言えど、お国柄は多彩なNY。
私は一体何人かと、思いつつ、弾む話に思わず耳を傾けていた。
だんだんと近づいてくる。服装からして、かなり日本人っぽい。
通り過ぎるとき、言葉は聞き取れなかったが。

多分、日本人だろう。とても、異色な感じだった。
と、いうか、雑誌等でよく見る感じの、年頃の日本男児。
髪型、ファッション。ありとあらゆる、Jポップのミュージシャンのそのまま。

そんな彼らが通り過ぎて行く姿を並んだオトバ達の目を釘付けにした。
オトバ達の頭は皆同じ角度で108度に左から右へと、彼らの移動と同じ速度で動いていた。

Uh ha~, Are they Cool japanese?

私は、その中に自分も含まれていたので、オトバ。と、自覚してしまった。。。。

More  オトバって?
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-29 12:25 | NYジャーナル部

かいじゅうノたまご

最近のNYはまるで日本の梅雨みたいだ。

ま、日本の梅雨とは比べられないけど、今年は良く雨が降る。

雨の日は、ちょっと色彩がグレエーになるので、街行く人の傘を眺めるのも楽しい。

夜にしこたま降って、朝はピカピカに晴れ、気温も下がり爽やか〜!
かと、思えば、昼からやけに蒸し暑くなり、日射しもきつくなる。
かと、思えば、急に雲が広がり、バケツをひっくり返したくらい降る。
と、ビビってるとー、気が付いたら、また晴れている。。。

そんな事の繰り返しが多い。

冷蔵庫を開けたり、閉めたり。
冷たい空気に当たって、夏の香りが流れて来て、思わずニンマリなる。

良く冷えたダイナソーのたまごはさっぱりとした甘さで、初夏の香り一杯。
始めて見た時はなんと、醜いスモモかと、思ったが、
食べえてみたら、天国の味!

c0194753_1302919.jpg

本当は、もっと恐い色をしているのですが。。。。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-28 13:02 | 食べ物部

ありありガット〜!

今日は、父の日だあった。

なので、新しいレストランを開拓。

で、お腹一杯になった後で、思い出した!

今日は24回目の結婚記念日だったの。

そうとは、しらない。というか、スッカリ忘れてる、私達家族は、久しぶりにチャイニーズの海鮮レストランの丸いテーブルを囲んで、ストーンクラブと、格闘しながら、食らっていました^^:
ごちそうさまでした。

More そして、
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-22 13:04 | NYジャーナル部

ブルブル

これが噂のRed bull~ ☆

c0194753_1225520.jpg


て、別に得に話題には登ってええ無いと思いますが。。。
我が家では、ちょっとしたブームです。

最近、やけに色んなタイプの悪い風邪が流行っていて、どうしても避けて通る事は難しいです。
どんなに予防していても、空気というものは恐ろしいですね。

厄介なアレルギーが去ったと思えば、強力な高熱が出て、久々に寝込みました。。。
しかも、週末にダウンすると医者にもかかれないし。
ただ、ひたすら氷枕をあてて、寝込むしかありません。
2日寝込んで汗が出たら、すっきりしました^0^;

ちょっとは、痩せたかも^m^??

一汗かいたあとの冷たいレッドブルはひとしお染み渡る様です。


c0194753_12312673.jpg


Moreこういうのも
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-15 12:34 | 食べ物部

素朴な恐怖

雨が降ると、やたら眠い。

c0194753_1253666.jpg


空が晴れると、ウキウキしてしまう。

地下鉄に乗ると、どうしてもボ〜っとして、間違って一つ手前の駅で降りてしまったり、
本にどっぷり浸かって、乗り過ごしてしまったり。

緊張してるとロックアウトしてしまったり。

そんなとき、素朴な恐怖に襲われる。

しかし、所詮素朴であるために、ちょっと、一息つくと、
プッ。と、可笑しくなってしまう。

素朴な恐怖には出来るだけ遭遇したくはないけど、
ちょっと、気を許した時に、知らない間に私の横に突っ立ってて、
私を、突き落とす。

c0194753_12505314.jpg


ま、突き落とされても、
所詮は、素朴なもんだから、
ドキドキも1分くらい経てば。
落ち着いてくる。

先日。
素朴でなく、とんでもない恐怖に落とされた。

それは、1インチほどの隙間から、スルスルと、
見る見るうちに、大きななが〜い、鍵の束が落ちてしまった!

c0194753_12521588.jpg


エレベエーターで6階に着いた途端だった。
ジム帰りの私は髪もまだ濡れている。
ヨレヨレのスエットスーツのままだ。

これから、髪を乾かして、お化粧して、服を着替えて、出勤だというのに。。。
部屋に入れない。車も動かせない。

頭の中は真っ白になって。恐怖がぐるぐる走り回る。
突然の恐怖は、勝ち誇った様に。私の心臓をつっついて、いい気になっている。

管理オフィスに出向いて、事の所以を話、はたまた恐怖に突き落とされる。

ま、しかし、事の始まりは、あくまでも”素朴”であったため。
あっさり、解決してしまった。

きっと誰かが、普段思ってる素朴な恐怖は、さらっと、通り過ぎて行くものだけど、
時には、不注意につけ込んで、襲いかかってくるものだ。

ゆっくり焦らずの妖精と仲良く過ごす事を忘れ得ない様にしないとなー。。。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-09 12:57 | NYジャーナル部

ちょっと、肌寒い

雨のNYです。

 雨が シトシト日曜日 僕は 一人で〜♪

傘を肩にかけてて、水たまりの模様を眺めながら思わず口ずさんでしまう。
私は、何故だか、子供の頃から、雨だとか、雪とかが大好きなのです。

雨が降ると、何故だかウキウキします。
日常会話で、雨はあまり歓迎された表現は少ないのが、とても残念だといつも思います。

うっとおしいお天気ですね〜。とか、
何時になったらやむのかしらね〜。とか、

って、ちょとー、雨って、そんなにやですか?って、聞きたくなります。

雨が降ると、緑が益々濃くなって行く。
雨が降ると、街のホコリが落とされて、キレイになる様です。
雨が降ると、人間んが生きて行く上で空気の次に大切な水が豊かになる。
それに、雨の日は何だか静かで気持ちが落ち着きます。

ま、良い事を上げたら切りがありませんが、
それも、勿論程度のものですが。大雨、大水、で大変な被害も出たりしますからね。

でも、しとしと降る雨は、やさしくて、私は大好きです。

今日は、
一日中、結構降っていましたね。ちょっと、風もきつくて、傘が飛びそうになったりもしましたが。無事に一日が終わろうとしています。

そして、”素朴な恐怖”について書こうと思ッタノデスが、今日は時間が無いので後日に書く事にします。

では、おやすみなさい。
[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-06 13:04 | NYジャーナル部

潮風散歩

初夏の風が吹いています。
c0194753_12123665.jpg



あまりにも気候が良いので遠回りして歩きたくなる。
先日見つけた不思議な白い花。
多分、花びらというよりも、額なのかも。
c0194753_12103792.jpg



湿度が無く、サラサラと、緑の茂った木々を風が撫でて行く。
まるで風が見えるようだ。
揺れ樹を見上げると、私の髪をもオモチャにする様に撫でて通り過ぎて行く風。
c0194753_12184051.jpg



街中が緑に包まれて、初夏の香りがする。
久々にお気に入りの近所の公園に散歩に出かけた。
c0194753_1223016.jpg



この橋を渡るとブロンクス。
ロングアイランドから大陸に通じる橋。
c0194753_12255633.jpg



潮風が気持ちいい。
すっかり日も長くなって、波の音も楽しそう。
c0194753_1228258.jpg

[PR]
by magnolia0812 | 2009-06-01 12:39 | NYジャーナル部