what's up? 今日のニューヨークに吹く風は何色?


by マグノリア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エレノアとお財布

 
c0194753_5353873.jpg

 




 それは年期の入った良質のイタリアンレザーで、深みのある綺麗な色の赤い財布だった。エレノアの白い手のひらの中でちょうどいい大きさで、吸い付く様にピッタリ納まる。5年間のパーフェクトな付き合いだったという大のお気に入り。いとおしげに愛撫しながら私に紹介してくれる。


しかし、ついに買い替える時が来たと言う。



上質のグレーのスーツにべっ甲ぶちの眼鏡をかけたエレノアはいかにもキャリアウーマン。
ちょっと気難しそうな人だけど、話し始めると、飾り気も高慢さも無く、ションプルな感じ。
無駄な物は買わないし、見向きもしない。と、いう主義だそうで、


「要る物だけがいる。だからウインドウショッピングなんかしないのよ」


と、キッパリ言う。

私は思わず、


「ふーむ、あなたって、質実剛健? というか、まるで家の頑固オヤジと似てる!」


なんて言ってしまうと。カノジョは


「そうなのよ〜!わかる? 嬉しいわ〜」


と、大きな口を開けて笑った。私も一緒に笑った。



遠慮なく本音でジョークも言い合える素敵なニューヨーカーとの会話。

私はトある老舗ブランド店に勤務している。
ココはニューヨークのマンハッタン。本当に色んな人々に出会う。


英語が通じる人、通じない人。
ノープロブレム アト オール!
勿論筆談だってオーケーです。
あ、サインランゲージもね!


海外から、勿論ローカルの方達。みな、それぞれの事情で買い物に来られる。


まるでおとぎの国に訪れた様に目を輝かせている人達。
愛する人の為に一生懸命選んでおられる方。
頼まれて、仕方なく指定のモノを求められる方。
実用かつ、自己追求の為にパーフェクトなモノ求めに来られる方。
ただ何となくフラーっと、立ち寄って来られる方。


オジャベリ好きの楽しい人達、
接客嫌いのシンプルな人達、
ただ暇つぶしな人達、
もの凄くお洒落でカッコいい人達、
とっても、訳のわからない不思議な人達。


毎日まいにち、色んな人が色んな事情で、色んなところからやって来る。



 エレノアは、お会計を終えるとカウンターの上に赤い財布から次々とカノジョのカードを取り出して広げはじめた。
 色んなモノが赤いサイプのポケットを埋めていた。

空になった真っ赤な財布は、カウンターの上で、ちょっと


“ほっ”


と、したみたいな表情を見せていた。

私は少しだけ感傷的な気分で赤い財布を眺めていたが、

エレノアは、


「カノジョはモウリタイアーさせてあげる。ありがとう〜♡」


っと言って、キスをした。

それからちょっと大きめの新しいコニャック色の財布に、並べられたカードを注意深く入れていった。無事全部納まったアト、最期にカノジョの携帯も外側の大きなジップポケットにしまい込み。完了!


「パーフェクト!」


と、言ってエレノアは白い歯を見せ笑顔で去っていった。




素敵な会話、素敵なあなたの心意気をありがとう!

私の仕事場は都会の森のミラクルワールドかもしれない。


さあ、そんなミラクルな森のお店に今度はどんな人が来るのかな?






*写真はイメージです
[PR]
# by magnolia0812 | 2012-10-07 05:52 | 短編部

畳と障子

あんなに暑かった日本の夏も今思うと愛おしい感じがします。


c0194753_425710.jpg



今年は日本へ行ったり来たりの繰り返しでしたが、日本での生活もまた良いもんだと
つくづく感じ入りました。


幸運な事に、始めて読んだ小説の作家さんが同じ大阪出身の方で、地元で塾を開いておられ、その講座に2ヶ月通う事が出来ました。

始めて真剣に取り組む小説作りは私にとってはかなり高いハードルでしたが、ひっくり返りながらも色んな方の独創的な作品に触れる事も出来て、とても楽しく学べました。

自分を追いつめないとなかなか拍車がかからないので良い機会だったと思います。
三部作の短編がなんとか出来ましたが、まだまだ練り直しが必要です。
いつか発表出来たら良いなー、と思いつつ。。。


さてと、今日はキレイな秋晴れです。
夕べの満月は雲がかかってちょっとミステリアスでした。

今日は一つかけたお月さんどんなお顔してるかな?


美しい秋を満喫したいですね!
[PR]
# by magnolia0812 | 2012-10-02 04:38 | 短編部

窓辺のコブ

どんより曇り空のNYの朝です。


c0194753_23521572.jpg



夏の間、日本で過ごしたせいか、
今や、NYも日本も自分の故郷として足の裏にピッタリくっついている感じです。

どちらの土地も愛おしく、身に馴染んでしまっているようです。
大阪で25年。あら?、、、NY生活の方が長くなっているではありませんか!

飛行機でハーゲンダッツのアイスクリームを食べながら映画を観て過ごす大好きなリラックスタイム。
12時間の時差を超え、地球の裏映側まで行き来するのッて何となく、毎回タイムスリップするみたいな不思議な感覚があります。



さて、久々にスタジオに戻り、長らくほったらかしにされていた新作が焼き上がってきました。

シャラシャラ〜♪と、良い音がします。

ハートからいつの間にか進化しちゃってます。。。

何所からでも眺められ、天地無用。



無人になってる部屋の窓辺に置いてみました。


” こぶラトル ”


と、命名する事にします。



どんより曇り空の窓辺も何となくユーモアで彩ってくれてます。



では、皆さん
Enjoy your week end ~♡
[PR]
# by magnolia0812 | 2012-09-30 00:17 | 作陶部